映像教材と映像制作のプロフェッショナル

映像で学ぶ 幼稚園(認定こども園)教育実習における主活動の「指導案」と「細案」の書き方が本日発売となりました。
長らくお待たせいたしましたが本日よりご予約分から発送いたします。

DVD2枚組+学習テキストセット 30,000円+税
学習テキストのみ 1,200円+税

「責任実習の主活動、どうしよう」

責任実習を伴う実習前の相談で、もっとも多いのが、「主活動」の心配ではないでしょうか。そこで、この教材では、幼稚園教諭が作成した3、4歳児の主活動の「指導案」、「細案」※を入れ、実習前に子どもの前で実習を行うイメージづくりができるようにしました。映像とテキストにて具体的な事例を挙げ、「指導案」と「細案」の記述に必要な「環境構成」「予想される子どもの活動・姿」「保育者の援助・留意点」のポイント、持つべき視点を解説しています。また、トピックスとして3.4.5歳児の主活動映像も加えました。

幼稚園教諭・保育士養成大学教員と、現役幼稚園の教諭がテキストと幼稚園現場の映像を編集したシリーズの続編。今回は撮影も教諭自ら行い、より臨場感をもって学習できる教材となりました。解説テロップ・ナレーションのON/OFF機能付きで、養成校での指導は多様に展開することが可能です。

「これで実習は大丈夫!」

※「細案」とは、指導内容についての詳細な案で、実際の保育を予想して、子どもの姿や保育者の援助、環境を具体的に細かく書いていきます。子どもの前で実際に教育実習を行うために必要な具体的な計画案として、子どもへの声かけの内容や教材の提示の順番、予想される子どもの活動や状況を考えた配慮や動きなどについて保育者がするべきかかわりや準備、子どもの様子を細かく書き出したものです。

>>詳細はこちらをご覧ください。