映像教材と映像制作のプロフェッショナル

すばらしき一年 ー生後1年までの成長と脳の形成ー

D132
  • 全3巻
  • DVD
  • 各巻25,000円
  • 制作年月 英語版 2008年/日本語版 2009年12月

制作
英国 Siren Film & Video Ltd
日本語版監修
日本子ども家庭総合研究所 母子保健研究部 主任研究員 益芭千草

全3巻セット
¥67,500
個数
第1巻のみ
¥25,000
個数
第2巻のみ
¥25,000
個数
第3巻のみ
¥25,000
個数

すばらしき一年

生後1年という期間は、著しい発達を遂げ、様々に学習する時期です。この作品は、ある乳児の誕生から1歳を迎えるまでを追い、発達や学習がどれほど重要なものかを紹介していきます。あらゆる面で発達してく様を、「氏か育ちか」ではなく、むしろ、「氏と育ちのどちらも大切」であることを解説していきます。

●この作品によって下記のことを学ぶことができるでしょう。
*1歳までの乳児に共通するスキルや能力における変化
*発育とは総体的なものであること
*人との関係の重要性と愛着関係の形成
*脳の発達と経験は密接に関連していること
*この時期の乳児のニーズに対する理解
*初期発達は、他人との関係やコミュニケーション、学びと遊びのような、後に出現するスキルや能力を形成するための枠組みとなる事

【監修者のことば】
生まれてからの一年間に、赤ちゃんは寝たままの生活から、立って移動するところまで、驚くべき変化をとげます。泣くだけの意思表示が、大人と声や身振りでやりとりするところまで。映像は、一人の赤ちゃんと家族の1年を、自然な暖かいまなざしで追っています。脳内で起こる変化と関連づけながら、Robinson先生のわかりやすい解説が入っています。

D132 D132 D132 D132
132
第1巻 誕生から3か月(24分)

・生後間もないオーソン君にできること
・経験がどのようにして脳を形成するか
・早期体験、日常的な世話および対人関係
・コミュニケーション、喃語、微笑および真似
・これまでの経過

133
第2巻 4か月から7か月(24分)

・体力、調整、空間および動作
・ものに興味を示し、手をのばしてつかむ
・食事、未体験の味および食感
・新たな音声、笑い、遊びおよびしぐさ
・愛着、安心と安定を感じるとき
・これまでの経過

134
第3巻 8か月から12か月(26分)

・髄鞘形成、感情および学習
・コミュニケーション、共同注意および身ぶり
・対象の永続性および分離不安
・身ぶり、社会的参照および感情移入
・問題解決およびスキーマ
・これまでの経過

ジャンル