映像教材と映像制作のプロフェッショナル

子ども虐待

D022
  • 全2巻
  • DVD
  • 各巻25,000円
  • 各巻30分
  • 制作年月 2001年9月

監修
社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
指導
日本子ども家庭総合研究所 福祉臨床担当部長/青山学院大学 庄司順一
日本子ども家庭総合研究所 研究企画・情報部長 小山修
日本子ども家庭総合研究所 ソーシャルワーク研究担当部長 才村純
取材協力
大阪府中央子ども家庭センター

全2巻セット
¥45,000
個数
第1巻のみ
¥25,000
個数
第2巻のみ
¥25,000
個数

子ども虐待

子どもや家族をめぐる問題が複雑、多様化している中で親(養育者)が子どもの身体や心を傷つける「子ども虐待」(児童虐待)が年々増え続けています。しかも、虐待が家庭という密室の中で行われる場合が多いことを考慮に入れると、明るみにされた虐待は氷山の一角といっても過言ではありません。
「子ども虐待」は、子どもと家庭に直接かかわりをもつ関係者の熱意や努力だけで防ぐことはできません。親子の周りにいる人たちが力を合わせて可能な限り早期に発見し、適切な援助の手をさしのべることが必要不可欠です。そのためには、より多くの人が「子ども虐待」という社会問題に関心をもち、それを正しく理解することが必要になります。
この作品は「子ども虐待」への理解を深めることねらいとしました。また、実写では表現できない内容をイラストや解説図を使ってわかりやすく構成されています。

D022 D022 D022 D022
022
第1巻 子ども虐待を理解するために

「子ども虐待」とはどのようなものか、また子どもを虐待から守るためにはどのように対応したらよいのかを解説します。
○子ども虐待の定義
○子ども虐待のタイプ
身体虐待・性的虐待・ネグレクト・心理的虐待
○子ども虐待の実態
○子ども虐待への対応

023
第2巻 早期発見と初期対応

「子ども虐待」を発見したとき、どのように対応したらよいのかを具体的に見ていきます。
○虐待の発見から援助までの流れ
虐待の疑い・情報収集・相談、通告・関連機関との連携・緊急度の判定・関与の計画・・・など
○子どもへの支援の基本
「子どもの安全保障」「心理面の対応」
○一時保護とは
○専門家の方々へのインタビュー

ジャンル