映像教材と映像制作のプロフェッショナル

小児の摂食機能療法

AD4056
  • 全2巻
  • DVD
  • 各巻20,000円
  • 制作年月 1998年
監修
昭和大学歯学部教授 向井美恵
監修協力
昭和大学歯学部口腔衛生学教室
大塚 義顕(助手)/田村 文誉(助手)/綾野 理加(助手)/水上 美樹(歯科衛生士)/千木良 あき子(兼任講師)
協力
社団法人東京都中野区歯科医師会スマイル歯科診療所
全2巻セット
¥36,000
個数
第1巻のみ
¥20,000
個数
第2巻のみ
¥20,000
個数

小児の摂食機能療法

昭和大学歯学部口腔衛生学教室では、摂食・嚥下機能に障害のある子どもたちへの摂食指導・機能訓練に長年にわたり取り組み、機能発達と対応する障害の8段階の評価および各段階における指導・訓練法を確立してきました。食べる楽しみを味わうことを願いながら進めてきた、発達障害児への摂食機能療法の集大成です。

AD4056 AD4056 AD4056
4056
第1巻 摂食・嚥下障害とその評価(25分)
第1巻では、摂食・嚥下機能発達と対応する障害を8段階に区分し、その各段階における評価を行うためのポイントや観察方法を中心に解説します。
4057
第2巻 摂食・嚥下機能訓練の実際(35分)
実際の指導では、口腔領域に感覚刺激を与え、口唇・頬・顎・舌の協調運動を引き出す「摂食・嚥下機能訓練」と並んで、介助者の心遣い・適切な介助時の姿勢・食具の選択といった「食環境指導」と栄養指導・食物形態の指導などの「食内容指導」が同時に進められます。
【摂食・嚥下機能発達の8段階の区分】
(1)経口摂取準備期
(2)嚥下機能獲得期
(3)捕食機能獲得期
(4)押しつぶし機能獲得期
(5)すりつぶし機能獲得期
(6)自食準備期
(7)手づかみ食べ機能獲得期
(8)食具食べ機能獲得期

ジャンル

キーワード