映像教材と映像制作のプロフェッショナル

乳児期の運動の発達とその障害

AD4011
  • 全3巻
  • DVD
  • 各巻20,000円
  • 各巻40分
  • 制作年月 1989年
企画・監修
心身障害児総合医療療育センター小児科医 児玉 和夫/北住 映二
※館外貸出しはできません。
全3巻セット(アーカイブ割適用価格)
¥48,000
個数
第1巻のみ
¥20,000
個数
第2巻のみ
¥20,000
個数
第3巻のみ
¥20,000
個数

乳児期の運動の発達とその障害

このビデオは、男女各1名の生後1ヶ月から14ヶ月までの運動発達の記録及びその他の子どもたちの資料映像を基に構成されています。運動発達の機能的な流れ、運動発達を見る上での視点、過剰診断・過少診断を避けるための鑑別診断の仕方などを解説します。

AD4011 AD4011 AD4011 AD4011 AD4011
4011
第1巻 乳児の正常運動発達
乳児の運動発達の機能的な流れを、頭頸部・体幹・上肢・下肢の動きとそのパターンを中心に、生後1ヶ月から14ヶ月まで月齢別にたどります。
4012
第2巻 早期診断とリハビリの視点
乳児の運動の発達を「早期診断のポイント」と「リハビリをすすめる上で」の2つを念頭に置いて、項目別・機能別の視点から丁寧に解説します。
4013
第3巻 乳児期の運動発達障害の鑑別診断
運動障害を残すグループ、残さないグループ、運動発達の遅れが見られるグループの3つについて、正常発達と対比しながら鑑別の仕方を詳しく見ていきます。