子どもの保健・実習 全4巻

全4巻 各巻DVD・VHS 各巻25,000円+税 2011年4月制作

乳幼児期は人間として生きていくための健康と生活の基礎をつくるきわめて大切な時期です。子どもがいきいきと生活し、健全に発育・発達していけるようにサポ?トし、子どもの心身の健康の維持と増進を図ることが子育ての原点といっても過言ではないでしょう。特に、保育の専門家である保育士には、専門的な知識や技術をもって、子どもの健全な発育・発達を促進するとともに、健康の維持・増進、疾病の予防など、多方面にわたって支援する役割があります。「子どもの保健」を学ぶ意義はここにあります。
専門的な知識は講義によって学び、一方、専門的な技術は実習を通して習得します。つまり、実習は講義で学んだ知識をもとに、身体計測、調乳や沐浴、心肺蘇生法、応急手当などを実際に行い、実践力を身につける科目です。
子どもの保健の授業には医学・看護学の知識なども含まれるので、実習に臨む際には、実習の内容や手順などを予習しておくことが望まれます。
このビデオシリ?ズはその事前学習と復習のための教材です。目で見て学ぶことによって、実習に臨む心構えができ、同時に準備や手順などを知ることができるので、スム?ズに実習に取り組むことができます。

>>詳細はこちらをご覧ください。