モンテッソーリ教育 ー 世界で支持される幼児教育法 ー

【モンテッソーリ教育とはー】
20世紀の始めにイタリア・ローマで医師として精神病院で働いていたマリア・モンテッソーリ(1870?1952)によって考案された教育法。その独特な教育法は、知的障害児へ感覚教育法を施し、知的水準を上げるという効果を見た。現在、アメリカの私立学校をはじめ数百の公立学校でもこの教育法のプログラムが導入されている。


「子どもたちは目的を持った行動に従事している時に最もよく学ぶ」。このことに気づいたイタリア人医師のマリア・モンテッソーリは、1900年代初めにモンテッソーリ教育法を確立しました。モンテッソーリ博士のおかげで、感覚を刺激し、手を使って楽しめる物を通して子どもたちが自発的に学び、育み、愛することができるようになることが重要という考え方が広まりました。このドキュメンタリーでは、モンテッソーリ教育と従来の学校教育との違いを検証しながら、乳児、幼児、幼少期と様々な段階におけるモンテッソーリ教育法の活用のされ方を見ていきます。<BR><BR>

※米国ノースダコタ州ファーゴにあるモンテッソーリの学校を取り上げた作品です。

>>詳細はこちらをご覧ください。